キャバクラ嬢のように水商売を生業としている女性の中にも消費者金融や銀行系カードローンを利用したいという方がいます。

お金を借りるということは簡単なことではなく、借入となれば当然審査がありますし、在籍確認だってあります。

そもそもキャバクラ勤めの風俗嬢やそのほかホストなど夜の仕事をしている人は銀行系カードローンなどでキャッシングすることができるのでしょうか。

結論から言えば水商売のように夜の仕事をしている人でもお金を借りることは可能です。

基本的に消費者金融や銀行系カードローンは安定した収入があれば利用することができます。

これは借用書を作り、契約どおりに返済をすることができる人と認められれば、という条件がつきますが、風俗嬢やホストも切磋琢磨しながら毎日働いていますので、収入が安定しているとみなされるのです。

夜の仕事というと収入がいいというイメージがありますが、衣装代やヘアメイク代などでどうしても生活費を削らなければならない人もいます。

そうすると借金を申し込んだり、クレジットカードのリボ払いを使って支払えない金額がどんどんたまり、ついに首が回らなくなってしまうということもあるのです。

ただし注意したいのは即日融資可能という金融機関でも、審査基準が設けられており、ブラックリストに掲載されていないことなどが求められます。

また利用限度額も基本的に年収の3分の1までとなりますから、希望通り借入できるとは限りません。

在籍確認も当然あり、クラブに金融機関から電話が行くことになりますが、中には名刺で本人確認をするところもあります。

また在籍確認をする際、アリバイ偽装会社に依頼すると詐欺罪に問われますので絶対にやめましょう。

アリバイ会社を利用して在籍確認とし、キャッシングで着なかった人は今まで大勢います。

本名で在籍確認されたくないという場合は源氏名でもできるところがありますので利用してみると良いでしょう。お金が必要ならココ